少人数の結婚式でも最高の思い出に│こだわりを追求しよう

友人同士のパーティ

会場

準備は早めにスタート

結婚式、披露宴の後に二次会を開くのが定番になっています。二次会は友人同士だけの気軽なパーティです。幹事は新郎新婦の双方から仲の良い友人、2〜4人にお願いするのが一般的です。また、幹事は慣れていても一人でやらないことが大切です。準備することが多いことと、ひとりよがりになることを防ぐことが出来ます。まずは新郎新婦と幹事で顔をそろえ、どのようなイメージの二次会が良いか確認します。新郎新婦は結婚式や新居の準備に忙しいので、二次会は幹事が中心になって準備をします。まずは会場選びをします。新郎新婦の希望するイメージに合ったところを選びます。ここではレストランを貸し切ったり、パーティールームで行われることが多いです。人数に合わせて選びます。広すぎても狭すぎてもいけません。また、バンド演奏やビデオの上映を行うのであれば、設備を確認します。

係り分担をすると良い

会場が決まったら、出欠の確認をします。招待するゲストに案内を出して出欠を確認します。これはメールでも良いでしょう。日時、場所、会場の名前、電話番号、アクセス方法などを正確に伝えます。次に余興やゲームを決めます。何もないと普段の飲み会と同じになってしまいます。このときのゲームはルールがわかりやすいもの、誰もが参加できるものにします。景品が当たるようにすると盛り上がります。最近の景品はテーマパークのチケットや高級食材など、目玉を用意するのが近年の流行りです。当日は受付、音響、司会など係り分担をすると良いです。また、新郎新婦の友人同士は初対面の人も多いです。一部の人だけが盛り上がるような話や暴露話は避けます。さらに当日は飲食も十分には出来ませんが、新郎新婦の喜ぶ顔で苦労は報われます。